第38回足立の花火 1万3500発

数年前、道端で偶然居合わせた見知らぬおばちゃんたちと一緒に見て以来、毎年欠かさず見ている。

昨年は念願の土手での花火鑑賞(カメラなし。見るの専門)

今年はついに、三脚持参。土手から撮影しつつ、目の前で開く花火に見入った。

やはりすんばらしい。足立区の誇り。

一体何万人が来場したのかは知らないが、大混雑にも関わらず、みなさん、帰宅時も警察に協力的。
警備の方々の正義感、忍耐強さ、必死の「立ち止まらないでくださーい!」の連呼に敬意を表したい。
最初から最後まで安心して快適に過ごせた。ありがとう。

1時間のうちに絶え間なく打ち上がる花火は、本当に見ほれるほど美しい。
そして何より今年は、撮影がとっても楽しかった!見るよりも撮るのに集中してしまった感あり(苦笑)
こうしてだらだら前置きを書いてしまうほど、本当に楽しくて心躍る一日になった。

来年もまた来たい。
みなさんも是非。
f0234471_15492991.jpg



f0234471_15494493.jpg



f0234471_15505887.jpg



f0234471_15545842.jpg



f0234471_15554359.jpg



f0234471_15544519.jpg



f0234471_1554849.jpg



大玉が弾ける瞬間を撮りたかった~タイミングを計れるはずもなく^^
f0234471_1671431.jpg



f0234471_15542224.jpg



f0234471_15534290.jpg

人間の目の素晴らしさにも気づいた。
すんごい連発で打ち上がる花火を、きれい!撮りたい!と思っても、
撮ってみると一面光で真っ白シロの写真になる。
撮影技術が足りないだけだろうけど、本当に美しいものは目に焼き付けるのが一番かもしれない。
[PR]
by camerara | 2016-07-24 17:20 | | Comments(0)
成田祇園祭 No.2 >>